子供と包茎

子供の包茎

包茎について、今回は子供と包茎について話してみたいと思います。通常は子供の場合ほとんどは包茎状態らしいです。それで体が成長して大きくなるに連れて包皮がむけてくるこどももいるようです。子供でも同様にむく練習をすればむけてくるし、清潔には気を付けなければいけません。
外国では必ずしも科学的、医学的ではない理由で包皮を切ることがあります。これを割礼といいます。みなさんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

世界の子供の包茎の話

大人となるための儀式として、未開地域の人々などが尿道の下部を切る尿道割礼や片方の睾丸を摘出する半去勢などがおこなわれているそうです。ペニスの清潔を考慮した手術ではアメリカ合衆国で1990年代まで、男児が生まれてすぐに包皮を切除する手術が多くなされていましたが、衛生上の必要性が薄いこと、手術の危険性、人道的観点との関連により1998年に小児科学会から包皮の切除を推奨しないガイドラインが提出され、手術数は減少しましたが、現在でも男児の6割程度が包皮を切除する手術を受けているそうです。
また包皮の復元手術をして「ナチュラル・ペニス」にする人もいるようです。アメリカの社会学者は割礼を強制するのは男性差別と言う人もいるぐらいです。子供、大人でも関わらず手術をするときは十分考えて行うようにしましょう。子供なら成長して包皮がむけてくる可能性もあるわけだし、清潔を保つことができればそれほど焦ることもないんじゃないでしょうか?




Copyright (C) 2012 ゼファルリン飲み方決定版 All Rights Reserved.