手術前

手術のその前に

包茎についてのお話、今回は手術を受ける前についてのお話です。詐欺広告に騙されていませんか?信頼できる良い医院を見つけましたか?それらを確認して、医院にていよいよ手術、というときにもいろいろしなくてはいけないことがあるようなので説明しておきましょう。
まず、手術を行う前日の夜からは飲食はしないという決まりがあるそうです。副作用で嘔吐すると問題になるからだそうです。もしも手術が夕方以降の場合は、前日の夜の飲食はできます。当日の朝も同じように飲食はできません。手術が夕方以降なら軽い朝食なら取れます。

準備は万全に

手術は局所麻酔下で開始され、背面切開術と環状切除術に分けられます。包茎の程度が軽いものには背面切開術、重いものには環状切除術が適用されるケースが多いそうです。背面切開術は手術が簡単で見た目はあまりよくない、環状切除術は手術が難しく見た目は良いという特徴があるそうです。
包皮内版を切り取る手術は快感が損なわれる可能性があるらしいので注意。日帰りでの手術も可能ですが、小児では安静のために2、3日の入院をおすすめします。原則的には局所麻酔での手術ですが、乳幼児の場合、全身麻酔によって手術が行われます。なお病院によって包茎手術の方法や流れが若干異なりますので、詳しいことはその病院の医師に訪ねてください。手術を受ける前にもいろいろな準備をしなければいけないのですね。参考になったでしょうか?次回は包茎手術中、手術後についてのお話をしようと思います。




Copyright (C) 2012 ゼファルリン飲み方決定版 All Rights Reserved.