包茎手術を考える

包茎手術とは

さて、今まで手術についての話はしなかったのですが、いよいよここで包茎の手術についての話をしたいと思います。なかには手術をしなければいけない人もいるので、やはり包茎を題材にしたテーマだとこいういうトピックスは必要でしょうね。包茎の手術の費用は10万円から数10万円とされています。
医者から重度の包茎や重度のカントン包茎で手術が必要とされた場合は健康保険が適用され、費用は3割負担の2万円から3万円になるそうです。

かなり高い値段

日本では亀頭は平常時、包皮に覆われているものの、勃起時には亀頭が露出することを仮性包茎と呼び、手術は任意でおこなわれます。しかし詐欺広告などが包茎にネガティブなイメージを与え、手術を促しているような風潮があるようです。「女の子にモテない」、「不潔である」などの煽り文句ですよね。手術はその人の考え次第ですが、しっかりと自分の考えで行う(医者に行く)ようにしましょう。
また外国などでは医学的、科学的ではない観点から子供の包茎手術がおこなわれている地域があり、これを割礼と呼びます。この割礼は睾丸摘出や尿道下部の切開など包茎手術に類するものだけではなく、また女児に対して行われているところもあるようです。しかし保険なしで手術をすると10万円から数10万円もするんですよね、結構な値段です、バカになりません、というか正直貧乏人には高すぎます・・・。医学的にはあまり必要ないとのそうですから、やっぱりよく考えてからじゃないと駄目ですね。




Copyright (C) 2012 ゼファルリン飲み方決定版 All Rights Reserved.