包茎の種類について

3つの包茎

包茎の種類についてお話しましょう。包茎と呼ばれる状態は3つあります。まず、亀頭に包皮が半分ついている状態、これを仮性包茎と呼びます。つぎに包皮が気筒の全てを覆っている状態、これを真性包茎と呼びます。亀頭と包皮がつながっている場合などがあり、無理やりはがすと出血したりするかもしれません。
痛そうですね。最後は無理やりむいた包皮が亀頭の溝に入り、もとに戻らなくなる状態をカントン包茎といいます。これは上記の二種類と違って人為的なものです。ほうっておくと元に戻らなくなるので早く治さないといけません。

それぞれの解説

まず仮性包茎ですが、これは清潔にしていれば医学的なデメリットはほとんどないそうです。清潔にしていればですよ?真性包茎は手術しなければいけないという観念があるようですが、これも必ずしもということではないようです。もちろん清潔を保つことが大前提ですが。指や器具などを使って仮性包茎に昇進(?)することもできるようです。
しかし無理は禁物ですよ。真性包茎によるデメリットといえば性行為がうまく行えないというものがあるようです。カントン包茎は早めに対処しましょう。指で少し強くつまみ、亀頭にたまっている血液を逃がしてやると元に戻りますが、なかなか治らないようならお医者さんに相談してください。
よく広告などで包茎は手術しなければいけない!!必ず!なんてことを言っているものがありますが、清潔にしていれば、やらなければいけないということでもないようです。




Copyright (C) 2012 ゼファルリン飲み方決定版 All Rights Reserved.